鍼灸師として働く現場

鍼灸師が働ける現場には、どのような場所があるのでしょうか?
まずは、もちろん鍼灸医院で働くことができます。
もちろん自分で開業しても大丈夫になります。
しかし、それ以外には、どのような職場があるのでしょうか?
鍼灸師であれば、さらに医療機関で仕事をすることも可能になります。
例えば、医療機関の中では、多くのスタッフの中の1人として、患者さんと接していくことになるでしょう。
特に医師との連携は欠かせません。
その他には、福祉施設での仕事も行うことができます。
例えば、介護福祉施設などであれば、高齢者のケアはもちろん、施設を訪れる関係者への治療の説明などにも当たることになるでしょう。
高齢者のケアとしては、介護施設での鍼灸治療ということになります。
加えて、一般企業でトレーナーとして働くこともできます。
中には、一般企業の中で選手への指導を行うこともあるでしょう。
その際は、栄養学の知識や練習メニューを考えるなど、通常の鍼灸師としての仕事以外の専門的な知識が必用になるケースもあります。
鍼灸師には、いろいろな職場で働くチャンスがあります。

虫歯治療を自費で行なうメリットは

歯医者で治療をする場合、健康保険が使えることが一般的ですよね。
また、健康保険での治療を意識する人も少なくないでしょう。
ただし、治療方法によっては健康保険が使えないケースもあります。
歯列矯正やインプラントは代表的存在です。
また、虫歯治療や歯周病治療が関与する歯石除去は健康保険の対象ですが、それらの症状がない場合は全額自己負担になります。
それとは別に、健康保険で治せるのに、自費での治療ができることも知っておきましょう。
「差し歯」もそのひとつです。
こちらは、健康保険で治療する方法が知られています。
しかし、すぐに取れてしまうなど、いろいろと不便に感じた人もいるようです。
その人の場合は、思い切って自費で治療をした結果、差し歯が安定したと聞きます。
もちろん、歯医者によっても技術が異なります。
最初に治療を受けたときから年数が経つと、その間に新しい技術が取り入れられることもあるでしょう。
このような理由から、虫歯治療を自費で行なうときは、そのメリットをしっかり把握したうえで検討することが大切です。
また、身近な人の体験談は参考になりますが、あくまでも参考に留めましょう。

痛くない歯医者「山田歯科医院」とはどんなところ?

「痛いの、痛いの、飛んでいけ~!」
子どもが転んで泣いていると、そうやって「おまじない?」する人もいますよね。
「痛い」と言っても、捉え方は人によって変わってきます。
また、「痛いのが怖い」と思う人は、余計に痛く感じるのではないでしょうか。
歯医者での治療は典型的な事例。
これまで何らかの治療を受けたとき、苦い思い出があると、それが後を引くことも少なくありません。
そんなとき「痛くない歯医者」に出会えたら、どんなにか幸せでしょうか。
「山田歯科医院」は、痛くない歯医者としても知られています。
もちろん、全然痛くないわけではありません。
しかし、痛みを感じないくらい、リラックスして治療を受けることが可能です。
歯の治療といえば、歯を抜いたり、削ったりするイメージが強いですよね。
そのため、痛みを感じることも多いのです。
もちろん「山田歯科医院」で治療するときも、歯を抜くことや削ることもでてきます。
しかし、苦痛を感じることが極めて少ないのです。
入念なデンタルインタビュー(カウンセリング)も、大きな特徴。
「山田歯科医院」では、治療を始める前に、患者さんときちんと向き合っています。
歯医者探しに迷っている人は、こちらの歯科医院を訪れてはいかがでしょうか。

青色申告(65万円控除)に欠かせない複式簿記にまつわる話

個人で仕事をする人にとって「確定申告」は大きな課題ですが、節税のためには「青色申告」(65万円控除)が推奨されます。
もちろん、確定申告書Bとともに提出する青色申告決算書は、貸借対照表と損益計算書を完成させる必要があります。
それをスムーズに行うには、複式簿記のスキルを身に付けることが大切です。
商業簿記検定3級以上を持っている人や、金融機関での勤務経験がある人は、スムーズな記帳に役立つでしょう。
ただし、商業簿記と金融機関(銀行や農協など)で使う簿記の勘定科目のなかには、「預金」のように捉え方が異なる科目も存在します。
預金は、商業簿記においては「資産」(自分の財産)になります。
一方、金融機関で扱う預金は、お客様の財産なので「負債」という捉え方です。
ちなみに、農協や郵便貯金などでは「貯金」を使いますが、考え方は銀行や信用金庫などの預金と同じです。
ただ、金融機関勤務が長い人が独立・起業して経理を行う場合、「預金」の位置づけに迷うかもしれませんね。
しかし、複式簿記の基本が理解できていることや、残高試算表を毎営業日に作成しているなどから、確定申告の準備にプラスになる部分が大きいでしょう。

茨木の整体行ったら凄かった

どうも手がしびれるというか重いというか…で、何軒か整形外科や神経内科で診てもらったんですが「特に異常ナシ」とのこと。
でもずっとこのままなのも辛いので茨木で有名な整体「茨木治療センター」に行ってきました。
ネットの口コミを見ても茨木の整体ではかなりの有名店らしく予約が取れるか心配でしたが、会社を休んで平日の午前中に行ったのでわりとすんなり治療を受けることができました。
それで…治療を受けた感想ですが、「根本的に治療してくれている」という感じで、よくあるマッサージのようなその場限りの治療ではないと思います。
もちろん整体なので薬も注射もしませんが、姿勢を直し自然に体のゆがみを直してくれている感じです。
それと、この茨木の整体はダラダラ通院することなく、数回通えば「卒業」できるのがいいです。
口コミでは「いろいろな病院で治らなかった症状も治った」という人がとてもたくさんいて、一瞬「ホントかなぁ?」と思ってしまいましたが、実際に自分で身をもって体験すると「うん、納得」という感じですね。
茨木で整体いくならお勧めです!

ブルーレイ作成を丸投げできる便利でコスパいい業者は?

趣味のサークルでフラをやってますが、もう十年以上もやっていると発表会のビデオがかなり溜まってきてしまっています。
それで、先生と古株メンバーとで話し合って、「ある程度の映像が溜まったらブルーレイ作成をしてはどうか?」という話にまとまりつつあります。
しかし、ブルーレイの作成なんて…誰もできないので(笑)やっぱり素直に業者さんにお願いしようと思います。
ただ、枚数もそんなに多くはないと思うので(100枚くらい)、ちょっとコストは気になります。
まあ、キレイにブルーレイ作成ができて、素敵なパッケージにしてもらえればうれしいですけどね。
今、何軒かブルーレイ作成業者をチェックしていますが、神楽坂の近くに口コミで評価の高いブルーレイ作成業者があったので気になっています。
ただ神楽坂といってもわざわざ行かなくてもネットで対応してくれそうなので、それも結構便利で楽ちんですよね。
コンピューターとかそういう系がまったく疎い女性たちの集まりなので(笑)お任せできればそれが一番です。
とりあえず今度問い合わせをしてみようと思ってます。
さて、次の発表会も楽しみです!
練習がんばらないとですね。

歯科経営は工夫が必要

うちの近所には、歯医者さんが3軒あります。
1つは昔からある歯医者さんで、先生もお年を召しています。
もう一つは、子供狙いな可愛らしい歯医者さんで、内装はもちろん、ペッパーを置いたり、DVDを流しながら治療をしたりと、とにかく子供を飽きさせません。
そして、子連れのお母さんにも大人気。
自分が治療を受けている間、キッズルームで遊ばせておいてくれるのです。
子供が小さいと、歯医者さんへ行くのも一苦労ですよね。
そんなママたちから、絶大な支持を得ています。
もう一つは、女性をターゲットにした、オシャレな歯医者さんです。
通常の治療はもちろん、美容歯科にも力を入れています。
美容歯科は、エステと同じ様な感覚で受ける人が多いので、完全個室で対応しています。
こう見ると、昔からの歯医者さんが不利なのではないかと思われますよね。
しかし、昔ながらの歯医者さんには、ご年配の方が通っていて、にぎわっています。
ターゲットが被らないため、上手くいっているのです。
歯科経営は大変だという話をよく聞きますが、きちんとコンセプトを持てば、それほど失敗せずに済むかもしれません。

実績多数の引きこもり支援の専門団体

ニートや引きこもりの子どもを持つ親御さんは「なんとかして社会に出てもらいたい」という気持ちを持ち続けていると聞きます。
そんな引きこもり支援を行っている専門団体「ニュースタート」は今とても注目を集めていると評判のようです。
引きこもりの支援団体は日本全国にあると思いますが、このニュースタートという団体が評判なのは「訪問活動(レンタルお姉さん・お兄さん)」「共同生活できる寮がある」「スタッフも引きこもり経験者が多い」ということで、卒業生の就労率も高いのも選ばれているポイントのようです。
ニュースタートの卒業生は20年間で1500人以上で、そのうちの約80%が社会に出て働くことに成功しているそうです。
寮生活などで多様な人と関わったり、無理のない自然なコミュニケーション能力が身につくのも、この引きこもり支援団体の大きなメリットだといえるのではないでしょうか。
ちなみにこちらの寮では最低限の規則しかないそうで、この寮生活を経験することによって自分で考えて行動する力が身についていくんだそうです。
もしこちらの支援団体が気になる方は今すぐチェックしてみてくださいね。

確定申告って面倒くさいの?

今度初めて確定申告をします。
自宅でもできるという事ですが、そのためには専用の機会を購入する必要があるみたいですね。
それほど大掛かりな申告ではないので、そこまでしなくてもいいかなと思っています。
考えているのは、自宅で作成し、持ち込むパターンです。
自宅で作成する場合、国税庁の専用ソフトを使って作成します。
金額等を入力すれば、自動的に計算してくれますので、楽です。
必要書類をそろえ、あとは提出するだけ!
と思っていたのですが、友達に「そんなに簡単にいかない。」と言われてしまいました。
初めての確定申告の場合、大抵ミス等があるため、絶対にチェックしてもらったほうが良いというのです。
そんなこと言われても、そのために一々税務署へ行くのも面倒です。
税務署には、専用の端末があり、そこで入力すればわかりやすいと言われました。
しかし、混んでいるし、待ちたくありませんよね。
書類をしっかり作っていけば、あとは提出するだけです。
友達は事務作業が苦手なので、警戒しているのかもしれません。
自分が実際にやってみて簡単だったことを証明したいと思います。

遺産相続ってやっぱり弁護士必要?

30代前後、年賀状は結婚報告の嵐だった。
そして、すぐに出産ラッシュで年賀状は子どもの写真だらけになった。

そして40代も半ばになると、チラホラと喪中はがきが目立つようになってきた。
やはり、祖父母は超高齢だし親だって十分に高齢だからね。

以前はしゅっちゅう飲みに行ってた友達、まだ結婚してないんだけど昨年末に父親が亡くなったそう。
三人姉妹の末っ子で、姉二人は嫁に行ってるからその子が跡取り状態なんだけど、相続問題でちょっと揉めてるみたい。

その子は父親を看取ったのも自分だし、これから母親の老後だってどうなるかわからないから遺産のほとんどは自分が相続するべきだって主張してる。
でも、姉二人は公平な相続を主張してて譲らないらしい。
まぁ、相続できたら住宅ローンを繰り上げ返済とかできるしね。

揉めてる遺産相続はやっぱり弁護士が必要じゃないかな?
相続問題に強い弁護士さん、探せば結構あるみたいだし。
でも、ネットだけじゃわからないから何件かピックアップして実際に相談に行って選んだらいいと思う。

大人になったらシビアな問題が本当に増えるなぁ。
なんて、アラフィフになろう年齢で何言ってんだかって感じか…