ウォールステッカーで気分転換

先日、久しぶりに妹のアパートへ遊びに行きました。子供たちの物が多いのは相変わらずですが、私も子持ちになってから「こうなるよねー」と思う様になりました。なにしろ、大人だけの生活とは全然違うんですから。特に子供たちが小さいうちは「優雅」とか「まったり」という言葉とは無縁な気がします。(お金持ちは別?)

けれども、寝室の壁はとても綺麗になっていました。お星様と夜のビル群が描かれていたんです。「これどうしたの?オシャレね!」と感心すると「それ、ウォールステッカーなの。気分が違うでしょ?」と教えてくれました。初めて聞く言葉でしたが、壁にペタペタ貼れて、簡単な模様替えが出来るシールみたいな物ですね。

ウォールステッカーは他の部屋にも貼ってましたね。旦那さんの部屋にはサッカーのが貼ってあって良い感じだし、子供部屋は動物の絵。貼るだけでガラッと雰囲気を変えられています。すごいアイデアですよね!

これを見て思ったのが「お父さんの部屋に、海のウォールステッカーを貼れば良いんじゃないかな?」でした。実家の父は船乗りだったんですが、諸事情で内陸の方へ越しているんです。「海に行きたいなあ」が口癖で、見ていて可哀想なんですよね。

妹に話すと「良いアイデアね!」と言ってくれたし、今度の休みにでも貼りに行こうと思います。まずは、海に行った気分になれるウォールステッカーを買わなくちゃ、ですね!