尼崎の矯正歯科でわかった

子どもの頃にはわからなかったことが、大人になった時に「ああ、そういうことだったのか」と理解できる瞬間というのが、誰にでもあると思う。
私の場合も、ひとりでバスに乗ったときに「○○経由」と書いてある行先表示板を見て「経由ってどういう意味だ」「どこか知らない場所に連れて行かれたらどうしよう」と不安になったものだが、ある程度の年齢になれば単に「○○を通る」という意味だと理解ができた。
あともう一つ、私が疑問に思っていたことが、ときどき同級生の中で、歯に金具をつけている人がいたのだが、それは一体なんのためにつけているのかということだった。
それは、自分が尼崎の矯正歯科に通うことになったとき、簡単に謎が解けた。
要するに、私が目にしていたのは歯列矯正の金具だったのである。
このような感じで、大人になってその理由や意味を知ると「なんだ、そんなことだったのか」と、半ば脱力するような感覚に陥ることというのは、案外日常のいたる所に転がっている気がする。
まあ、そんなことを言いつつも、私にはもう大人なのに知らないことというのも多いのだが。